キャッシュカードやクレジットカードを紛失し顔面蒼白になったことはないでしょうか。おそらく誰もがこのような経験をするはずです。だからクレジットカードは持ちたくないと、頑なにカードを拒否する方もいるのかもしれませんが、実は逆に善意すぎる行為で返却された方もいるようです。

紛失するも戻ってくる・・・しかしその方法は・・・

クレジットカードは紛失したらもう最後というイメージがありますが、こちらの手法はちょっと特殊で、想定外の方法で戻ってきたようです。

通常、カードを拾ったら警察やカードに記載された銀行や企業に届けるというのが一般的。しかし今回紛失した「ティム」に届けられた方法はかなり特殊です。それは、なんと自分の口座に見知らぬ人から1ポンド(138円)程度の振り込みがあり、同時にメッセージが記載されていたのです。

そこには・・・「電話番号」「路上」「電話番号をおしえてください」

などのメッセージ。つまり、振込時のメッセージ機能を使い、拾い主が持ち主に連絡をとったのです。

ティムはすぐさま連絡を取り、無事に返却されたそうです。その後、ツイッターにその様子を紹介すると一気にバズりました。

自分も同じような経験があるという人が続出。

小学校では、鉛筆含む全ての持ち物に連絡先をかいておいたわ

など持ち主に返却される術が話題となっております。確かに誰のものかわからないものよりも、持ち主が分かりやすいものは、心理的に盗みにくいし、善意で返したくなりますよね。

こちらの暗号もかなり難読ですが

もし何かを拾った場合、キャッシュカードの場合などはこんな返却方法もありますという話でした。

掲載元
https://www.mirror.co.uk/news/weird-news/stranger-who-found-lost-wallet-20582886

画像掲載元:写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「紛失したキャッシュカード、コナン並の特殊過ぎる手法で返却される