image:秒刊SUNDAY

一体いつ振り込まれるのやら、とヤキモキしている事業者が多いかと思われる、こちらの持続化給付金制度。申請して2週間ほどで振り込まれると言われたものの、はや2週間が経過し、一向に振り込まれない。申請はただの骨折り損だったのか、いろいろないらだちが募る中、ついにマイページに動きがありました。

持続化給付金とは

持続化給付金とは、企業や個人に、コロナウイルスの影響で売上が50%ダウンしてしまった方々対象に給付が受けられる制度で、最大200万円の支給が行われます。(個人事業主は100万円)

企業にとって200万円はもちろんありがたいもので、1ヶ月の家賃代金や従業員の給与に当てることもできるわけで、申請しない手はない非常にありがたい制度。

しかしながら、申請があまりの殺到したのか、なかなか給付が行われないばかりか、現状どのような状況になっているのか、全く不明という状況が続きます。

書類上の不備があれば連絡が来るとのことですが、それも来ない方々はどうしたらいいのか。進捗状況を知りたい方がやはり多いようです。

進捗状況を知りたい方のツイート

不備があるとこのようなメッセージが届く

例えば、売上のデーターが記載されていないなど、根本的に証明にならないものであれば、不備ということになります。

では、そのようなメールが届かない方は、もう安心してよいのか。それともこれから審査なのか、いらだちが募る中、ついにマイページにメッセージが表示されるようになりました。

image:秒刊SUNDAY

現状の状況と今後の流れ、というメッセージが本日より追加されております。内容によりますと

先日ご登録いただいた申請情報および添付書類の内容を確認しております。確認が終了した際には、給付通知を発送させていただきますので、通知が到着するまでお待ちください。※申請に不備がある場合や、事務局で確認が必要と判断された場合、確認に通常よりお時間を要する場合がございます。※すでに不備のメールが届いている方、および不備を解消して再申請している方にも、このお知らせを表示しております。

引用:持続化給付金

ということで、現在確認を行っている旨を表示。どうやら相当数の問い合わせが殺到しているようで、やむなくここに記載したという状況のようだ。

以前は、確認しているのか不備があるのか、それともOKだったのか全くわからなかったが、一旦確認中というメッセージが出ることで、安心感は0.1パーセントぐらいある。

また最申請をしている方もこのようなメッセージがでるということで、いずれにせよ少し待つ必要がありそうです。

一体いつになるのか、と不安になる方が続出している今回の給付金

特急で作ったシステムということもあるが、せめてどんな状況でどれぐらい時間がかかるのかは、知りたいところです。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「持続化給付金、問い合わせ殺到対応か、申請状況がわかるステータスがマイページに掲載される