最近はスマホを手放せないという日々が続いている方も多いのかもしれませんが、たまにスマホを置いて、自由奔放に暮らすのもいいものです。通知から開放され誰からも干渉されない、自分だけの時間を過ごす。最高です。さてそんな中、こちらの問題が話題となっております。

風呂でiPhoneを使ったら・・・

ということで、こちらのニュースが非常に恐ろしいのでぜひ知っておきたいのですが、10代の少女、風呂でiPhoneを使っていたところ、命を落としかけたということです。

原因は、恐ろしいことにスマホを充電しながら風呂でスマホを使っていたということです。しかも途中で風呂の中にスマホを落としてしまったので、その後どうなったか想像するに難くないわけです。

その後大絶叫したところ、母親が駆けつけすぐに救急搬送。病院で2日間過ごし、すぐに手術を受け一命をとりとめたということです。

医学雑誌「Journal of Medical Case Reports」によると、製品は安全テストをしているが、不適切な利用をすれば重大なリスクを負い命を落とす危険性もある。スマホを使いながら風呂に入ると感電する危険性があり、更に充電しながらとなると尚更だという。

今回彼女が助かった理由は、母親が素早く駆けつけまず真っ先にスマホの電源を爆速で抜いたという点にあるようで、これが遅れていたら彼女の命はなかったのかもしれません。

次期iPhoneもなかなか凄い形をしていると話題ですが

さすがにアップル側も、風呂で充電ながらiPhone使って水没させたらどうなるか、なんて恐ろしくてやったこともないでしょうね。

掲載元
https://www.mirror.co.uk/news/world-news/girl-13-left-deep-burns-20908888

写真:たまちゃん

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「風呂でiPhoneを使って死にかけた13歳の少女が話題に