image:秒刊SUNDAY

新しいiPadProとキーボードが発売され、いよいよMacbookやMacbookAirを殺す端末に近づいてきたiPadですが、購入する人の殆どは、省スペース性や、軽さなど携帯性を意識して購入する方が多いのかと思われます。当然のごとく持ち運びを意識して設計されているので薄さはApple端末のなかでピカイチのはずですが、ちょっと宣材と比べると違和感のある箇所があるようです。

iPadProのキーボードとは

image:秒刊SUNDAY

iPadProのキーボードとは、Appleより発売されました、トラックパッドを備えた新しいiPad用キーボードです。MacbookAirなどと同じ、シザー式ですので、従来からPCに使い慣れている方であればおなじみのキーボード感触。まさにミニMacbookと言っても過言ではないのですが、このキーボードなんと、11インチのモデルが、¥31,800(税別)しますので結構割高。

キーボードに3万円もかけるのか!というのが、Appleファンからすれば正直な意見かもしれませんが、購入すればわかります、このフィット感とフォルム。

1万弱のオモチャのような安いキーボードでは実現できない質感です。さてそんな自慢はさておき、この宣材写真で気になる箇所がございます。それは

image:秒刊SUNDAY

iPadとキーボードのフォルムが極めて平べったく「激薄」に写されているのです。もちろんこれを見込んで購入する人も多いはずではあるのですが、購入してわかる宣材との違い。そして違和感。

実際に購入したものがこちらです。

image:秒刊SUNDAY

image:秒刊SUNDAY

写真のようにならないのです。どうアングルを変えても、キーボードの奥行きが見えたりiPadの奥行きが見えたりと、宣材写真のような極めて、平べったいフォルムでは撮影不可能。

image:秒刊SUNDAY

宣材写真と本物はまるで別物、それはよくわかっておりますが、Appleにおいては今までそんな事はありませんでした。宣材写真と全く同じものが到着する。それがセオリーでファンとしても期待していたところです。すなわち、写真に「誤り」はあってはならない。これがAppleです。つまり、宣材写真と同じアングルで撮影すれば同じものが撮影できるはずです。

遠くから撮影してみた

image:秒刊SUNDAY

手を伸ばして遠くから撮影してみました。若干近づいてきたようにも見えます。

image:秒刊SUNDAY

更に、遠くから撮影。今度はプリンターの上において自身は遠くに移動。これでどうでしょう。あの極めて平べったい激薄フォルムは実現できたように感じます。

image:秒刊SUNDAY

更に遠くに引けばより、あの宣材写真に近づくわけです。

image:秒刊SUNDAY

つまりこのアングルは、真横から単純に撮影しているのではなく、かなり遠距離から望遠レンズなどを使い、あたかも身近な場所にあるかのように撮影しているものと思われます。

また宣材のiPadはシルバーのモデルであり、今回はスペースグレーを使い、キーボードと同化してわかりにくさも問題。

もちろんそれも技法でありますし、そのアングルが美しいから意図的にしているわけであり、事実を捻じ曲げているわけではありません。

台湾製のキーボードに隠されたメッセージも話題ですが

もしこの極めて平べったいフォルムを期待して購入し、インスタやFacebookでドヤされる方は、遠くからこのiPadを撮影する必要がありますのでご注意を。

Source:Apple

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「新しいiPadのキーボードが、宣材写真のように激薄にならなのは何故か、調べた