物件を徘徊するというのは、ある意味新しい生活を始める非常に有意義な時間ではありますが、今ではネットで事前に物件を確認することが出来ます。その際に重要となるのが、写真でありまして、いかにきれいにクオリティ高い写真を取るかどうかがポイントになります。多少誇張している部分もあり問題もあるのかもしれませんが、今回の案件はさらなる問題です。

こちらの物件にあるものが・・・

こちらの物件はわずか数日で、数千回も閲覧されたというとんでもない物件です。もちろん人気物件とかそんな嬉しい悲鳴ではなく、そこにあるのは普通の悲鳴です。

1800万円のこの家ですが、とある問題があるということで問い合わせが殺到。ということで写真をよく見てみてください。

普通のキッチン、そしてキッチンの上にはコップや食器などが置かれており、なかなか立派なきれいな家ではありますが、どうやらこの写真で「ピン」と来てしまう人にとってはかなりまずい物が写っているとのことです。

それがこちら。

キッチンカウンターの白い粉状の5本の物質があるように見えます。

どうやら、この白い粉を小分けにしてラインを描くという行為が、某危険なお薬を使う人であれば速攻気づいてしまう、非常にまずい写真であるということです。

つまり、これが事実であれば、この家にはとんでもないものが置かれていることになります。とはいえ、管理者はこの写真について「頭痛薬の薬をライン上においた」と、危険な薬であることを否定。

多くの批判が殺到し、写真は削除されたとのことですが、本当にこれは何だったのでしょうか。

こちらの物件もよく見るとゾッとすると話題ですが

写真をネットに掲載する際には重々注意が必要です。

掲載元
https://www.mirror.co.uk/news/weird-news/house-listing-removed-after-suspicious-20865846

画像掲載元:pixabay

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「よく見るとゾッとする、とんでもない物件がネットから削除され波紋を呼ぶ