エッジの効いた発言を連発したかと思いきや、正論をかまして人々の共感を得たりとつかみどころのない「ホリエモン」こと堀江貴文さんですが、今度は「田舎は家賃めちゃくちゃ安い、生活コストたぶん東京の1/5以下」という発言をめぐってネット上では地方民の方々から反発の声があがっています。

プチ炎上発言の解説動画で新たなプチ炎上


事の起こりは以前「12年勤続で手取り14万円」というツイートに対して「終わってる」と発言して炎上したことによります。その炎上に対してどういう意図で発言をしたのかという自己解説の動画だったのですが、その動画の中で「田舎は生活コストが東京の1/5以下」と発言したことで新たな炎上が起こってしまいました。

ネットの反応


「生活コストは家賃だけじゃない」「物資運ぶのも遠いから高くなるのでは?」といった反論が並んでいますが、今回の炎上に関してはホリエモンの意見を冷静に受け止めている方も見受けられました。

地方民納得の意見がこちら

いちばんヤバいのは交際費だよ

現在地方で暮らしている筆者が思わず大きくうなづいてしまったのがこの意見で、実際東京に住んでいたころに比べて冠婚葬祭費が大幅に増えました。その他にも都市ガスからプロパンガスになりガス代が3倍になったり、生活に必須である自動車の維持費もかかるため生活費が安くなったという実感はありませんでした。

ホリエモンの動画を見る限り「田舎でも娯楽はあるし工夫すれば安く暮らせる」ということを伝えたかったように感じるため、実態とかけ離れた「田舎の生活コストが1/5以下」という数字を出して、敢えて炎上を狙ったのでは?と感じました。手取り15万円問題が大きな話題になったように我々庶民には世知辛い世の中ですが、知恵と工夫で乗り切っていきたいものです。

画像掲載元:秒刊サンデー

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「田舎は生活コストが東京の1/5以下発言のホリエモンに地方民猛反論!