日本中を震撼させたBMWであおり運転をした宮崎文夫容疑者と、同乗者でガラケー女と呼ばれた喜本奈津子容疑者ですが、ネット上ではガラケー女のインスタグラムが特定された!として全く関係のない女性が被害を被るデマが拡散されました。そのデマに加担してしまった豊橋市議の原田隆司市議が慰謝料100万円を求める訴訟を起こされることに。これを受けネット上では、原田市議のSNSや住所が速攻で特定され炎上する事態となりました。

原田隆司市議がガラケー女デマ拡散に加担か

原田市議は取材に対し「犯人が早く捕まってほしいと思い、『拡散希望』と書かれた投稿をシェアしてしまった。おとしめるつもりはなかった」と釈明。知人から女性は無関係と指摘されて数時間後に削除したという。女性側からの慰謝料を求める通知には謝罪の手紙を送ったが、訴訟については「弁護士を通じて対応する」としている。

引用 https://www.huffingtonpost.jp/entry/story-garake-onnna_jp_5db4e72ae4b006d4916fcfeb?ncid=tweetlnkjphpmg00000001

市議と言う立場でありながら事実確認を怠りデマ拡散に加担した事は由々しき事態という旨のコメントがネット上で溢れており、原田隆司市議に対して炎上する事態となっています。

そして、ネット特定班により原田隆司市議の住所が特定される事となりました。

原田隆司市議の住所が特定される

原田隆司市議は、豊橋市議に所属していることから豊橋市議会HPの議員紹介ページに住所、電話番号、会派等が明記されています。

豊橋市議会HP http://toyota-shigikai.jp/profile805.html

Googleアースで住所を確認すれば、詳細な近所の様子が確認することもできます。

市議という立場上住所等の個人情報は公にされる立場ですが、そういった立場だからこそ発言には気をつけるべきなのではないかと辛辣な意見も聞かれます。

そして、さらにネット民の間で問題とされているのがFacebookに記載されている文言です。

Facebookで更に炎上!

デマ拡散をしてしまったことを謝罪していますが、この謝罪文に問題があるのではないかとネット上では話題となっているのです。

(お詫び)
あおり運転で逮捕された宮崎文夫容疑者、ガラケー喜本奈津子さんと間違われた○○○○○さんは全く無関係です。間違った情報をシェア拡散した事お詫びします。

引用 原田隆司Facebook

本記事では伏せることにしましたが、原田隆司市議のFacebookにはデマ拡散で被害に遭った全く無関係の女性の個人名がしっかりと記載されておりこの事を問題視するネット民も。

SNS社会となりフェイクニュースやデマがあたかも真実かのように拡散されることもありますが、情報に対するモラルという物を改めて考えさせられた人もおおいのではないでしょうか。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「ガラケー女デマ拡散の原田隆司市議(57)住所が特定されFacebookも炎上!