韓国が一方的に破棄を申し出たGSOMIAですが、このまま協定が終了されることとなれば2019年11月23日にはGSOMIA終了となり日米韓の協定が破棄される事態となります。日本が韓国における輸出規制の措置の対抗策として持ち出されたGSOMIA破棄ですが、本当にこのまま協定終了となるのでしょうか。破棄されるにしても継続するにしても、文在寅大統領が危ういのではないかとネット上で囁かれています。

破棄を避ける努力は続けると主張の韓国

「日本がGSOMIA終了を望まないのであれば、輸出規制の措置とともに、解決できるようにしていかなければならない」と述べ、GSOMIAを延長するためには、日本側が輸出管理の強化を撤回する必要があるという従来の主張を繰り返しました。

引用 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191119/k10012183401000.html

日韓関係の悪化により、韓国の国民感情は嫌日と言う流れが加速しており、GSOMIA破棄を支持する動きになっているという情報もネット上で見られます。

しかし、GSOMIAを終了してしまえば国民からの支持は得られるかもしれませんが、アメリカという後ろ盾がなくなってしまうことに。

GSOMIA破棄を撤回すれば、日米韓の安全保障は守られますが韓国国民からの支持が急降下することは必死であり、どちらを選んでも文政権崩壊、最悪韓国崩壊という流れになってしまうのではないかという意見も。

「撤回したら国民がクーデター起こしそう」「悲報、文政権終了のお知らせ」「自業自得だから一切同情しないけど」とコメントも。

GSOMIA終了で日韓の国交も断行か!?と話題となりましたが、

GSOMIA延長期限まであと数日、韓国はどのような決断をするのでしょうか。

画像掲載元 写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「GSOMIA破棄で韓国崩壊か?文大統領終了のお知らせと炎上する事態に