内閣総理大臣が主催する「桜を見る会」の騒動で、一躍話題となっているホテルニューオータニ。件の騒動では領収証が5000円となっているのにあんな豪華な食事が出てくるわけがない!と騒がれていましたが、そこを追求している野党の前原誠司氏の後援会が、こっちの方が大問題なのでは?と思われる失態を表しており話題となっておりました。

ニューオータニの領収証が100均で買えるような手書き+印紙も貼っていない...?

画像にある領収証はコクヨの手書き領収証。そして金額が1、982、694円という、200万円近い額になっているにも関わらず収入印紙が貼られていない。消費税を含まずに5万円をこえる額の領収証には印紙を貼ることが義務付けられているので、この領収証は普通ではありえない領収証という事になります。

領収証に印紙が必要なのは:https://invoice.moneyforward.com/receipts-lp/basic/receipts-stamp-bottom/

ニューオータニ「ウチが市販のモノを使うなんてあり得ない」

日刊ゲンダイさんに載ったこちらの新聞記事。はっきりと「偽造」疑惑と書かれています。ニューオータニ側も寝耳に水の出来事だったようです。社印もない、担当者印もない、但し書きも空欄と非常に雑な造り。

twitterの反応

元社員さんから「明らかに偽物」と太鼓判。たしかにニューオータニさんがこのような領収証を出すことは考えにくいです。

ニューオータニの本物の領収証はこちら

投稿者さんの画像にあるように、大きな領収スタンプが押されている、自社独自の領収証こそが本物のニューオータニの領収証とのこと。こちらが本物だとすると、前原誠司後援会宛ての領収証画像と見比べる限り、違いは一目瞭然ですね。こちらはレシートのような印刷物ですので、在庫がなく仕方なく手書きで代用という可能性も上記日刊ゲンダイの記事内で否定しております。

前原誠司は国民民主党所属の衆議院議員。桜を見る会について言及する事によって、野党側に特大のしっぺ返しが来てしまった格好です。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「ホテルニューオータニ、前原誠司後援会に領収証偽造疑惑が持ち上がる!