ガンを早期発見出来れば、生存率は大幅にアップします。現在の医療ではもはやガンは治らない病ではないとされており、その鍵が早期発見ですが、もの凄い検査キットを東芝が開発してしまいました。何と血液一滴で13種類ものがんを99%の感度で検出してしまうという代物。しかもたったの2時間で!2021年から22年あたりに一般的な実用化を目指しているという。

20年から実証実験開始

出典元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52551680U9A121C1TJC000/

こちらのガン検査キット、2時間でわかるのもすごいが実用化されたら2万円前後で検査できてしまうのも凄い。本当に手軽に検査出来てしまうキットなので、一般的に使われるようになりだしたら末期ガンという言葉自体がなくなるかもしれませんね。

twitterの反応

定期健診などでも使えるほどにガン検査が手軽になるのも、実現は間近なのかもしれませんね。健康保険の適用も将来的には出来るようになる予定だそうです。

年に1回くらい、ためしにガン検査してみようか、というくらい気軽に出来そうなのも魅力です。しかもステージ0と呼ばれるごく初期の状態でも見つけてくれるほどの精度には驚きです。

2年ほど前に3年以内に実用化すると言っていたみたいですが、しっかり実現させるなんてすごいです。しかも当初の予想よりはるかに手ごろなお値段ですからね。本当に早く一般に広まってくれることを望みます!

画像掲載元:写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「ちょっとガン探してみるか、と即試してみたくなる東芝ガン検査キットが話題