いまだに世界中で勢いの衰えない新型コロナウイルス。世間は会社が在宅勤務に切り替わる、学校が臨時休校となるなど、皆さんもコロナウイルスの影響で振り回されていませんか?そんな中、とある会社の社内メールの内容が話題になっています。新型コロナウイルスに関する連絡で、コロナウイルスの表記をある食べ物の名前と誤爆されていたのです。

コロナウイルス→コロッケ

送られてきた社内メールの書かれていた内容に注目してください。「新型コロッケの感染が全世界に拡大しています」と書かれています。「新型コロッケ?」「感染が全世界に拡大?」皆さんもこの内容の社内メールが送られてきたならば、困惑するのではないでしょうか。

「新型コロナウイルスの感染が全世界に拡大しています」と伝えたかったはずなのに、「コロナウイルス」を「コロッケ」と誤爆するだけで印象が一転してしまうのです。

ツイート主の反応は

メールの内容をTwitter上でつぶやいたツイート主は、30万件以上のリプライ・リツイート・イイねの反応を受け取っています。反応を受け取る中で混乱してきたのか、「明日はコロッケを食べます」宣言まで飛び出すほどになってしまいました。コロナウイルスの影響がまったく違う方向から受けるとは、考えてもいなかったのでしょう。

正常な反応も

社内メールで「新型コロッケ」と書かれた内容が送られてきたならば、何度も繰り返し見直すでしょう。さすがに、22度も見直すのは過剰反応過ぎる気もしますが、それだけ人が驚いて印象に残る誤爆であったのかもしれません。

感染率100%

おっしゃる通り、皆さんもコロッケが食べたくなる衝動に駆られるのではないでしょうか。コロナウイルスに感染するよりも、コロッケを食べたくなる欲求に襲われるなら最高の気分になれるでしょう。たくさんコロッケを食べて幸せな気分になり、コロナウイルスも収束するよう願いたいものです。

コロナウイルスと言えば、コロナウイルスの影響でトイレットペーパーの次に無くなりそうな商品の予想が話題になっています。果たしてコロッケは当てはまるのかどうか。注目していきましょう。

画像掲載元:Photo-AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「会社の社内メールで新型コロナウイルスの表記をコロッケと誤爆し話題に