image:秒刊SUNDAY

皆さんは「クリアファイル」と聞いてどんな物を思い浮かべるでしょうか。きっとほとんどの人は書類をまとめる時につかう透明のファイルを想像すると思います。しかし、この「クリアファイル」という正式名称を日本人の90%が実は勘違いして使っているかもしれないということが発覚して話題になっています。

クリアファイルといえば

クリアファイルといえば、やはり限定グッズじゃないでしょうか。アニメやゲーム、アイドルなどの限定クリアファイルを持っている人も多いことでしょう。しかし、この「クリアファイル」の常識が変わることになります。

クリアファイルの正式名称

文房具界では、複数のポケットを綴じたものを「クリアファイル」として使用しています。普段プリントなどをまとめるのに使う一枚っぺらのものを「クリアホルダー」として使い分けをしています。皆さんは、こんな使い分けがあったことを知っていたでしょうか。

店頭で確かめてみた

image:秒刊SUNDAY

この衝撃的な事実が本当なのかお店に直撃して確かめてみましょう。店員さんに「クリアホルダー」はどこかと聞いて案内して貰うことにしました。

image:秒刊SUNDAY

そして案内されたのがこの「クリアホルダー」コーナーです。

image:秒刊SUNDAY

まさに今まで「クリアファイル」だと思っていたものが、そこに並べられていました。ここまでハッキリと書かれているとショックが大きいです。

image:秒刊SUNDAY

ちなみに「クリアファイル」コーナーにはこの冊子タイプが並べられていました。やはり、店にとっては当たり前の事実だったのかもしれません。

image:秒刊SUNDAY

ちなみに、会社などでよく見かけるこのタイプは「リングファイル」として統一されていました。

ネットの反応

衝撃的な事実に驚く反応が多くありました。中にはこのことを知っている人もいましたが、世間的な認知度も踏まえてあえて「ファイル」の呼び名を使っている人もいました。皆さんも明日から「クリアホルダー」を使ってみてはいかがでしょうか。

クリアファイルも話題ですが、あの文房具で作られたピアスのデザインが斜め上すぎると話題になりました。

source:日本ファイル・バインダー協会

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「日本人の90%が勘違いしているかもしれないクリアファイルの正式名称が話題に