以前からいるぞいるぞと言われている謎の生物「イエティ」「雪男」「ビッグフット」そしてこちら「巨大ネコ」であります。それはもしかして、ライオンとかピューマとか、ネコ科の大型種の見間違いじゃないの?と思うのかもしれませんが、いえいえ、今回確かな目撃証言があった模様です。

巨大ネコとは

さて、巨大ネコとはどのようなものでしょうか。ライオンやピューマなどの大型ネコ科動物とは違い、れっきとした「ネコ」なのに、体が無茶苦茶大きな猫です。大きさは大型犬ぐらいあるということですので、もはや肉食獣と言っても過言ではないレベルなのです。

以前にも大型犬と同じぐらいの黒猫が発見され話題をよんでおりましたが、結局何であるのかはわからずじまいでした。

そんな中、こちらの写真では正面を捉えた大型ネコが掲載されているのです。場所はイギリスのカンブリア州サウスレイクランドにあるボウネスオンウィンダミアという田舎町。

そんな田舎町で、今回発見された大型ネコがこちら

確かにネコです。

しかし、これは最近目撃されている「野生のピューマ」ではないかという声もあり「大型ネコ」VS「野生のピューマ」との意見が真っ二つに割れております。

ピューマであろうと、大型ネコであろうと、我々の見慣れない生物が、イギリスの田舎町に出現していたというのは驚きです。ライオンが逃げたというデマもありましたが、まさにこれはそれに匹敵する問題。

果たしてこの生物は何であるのでしょうか。

掲載元
https://www.mirror.co.uk/news/weird-news/womans-snap-muscular-wild-puma-21907684

画像掲載元:PIXABAY

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「イギリス郊外で、ついに、巨大ネコが目撃される