台風19号がのこした爪痕は非常に深く、今も復旧作業が続けられています。不便な生活に陥ってしまう前に対策として持っておくべきものは、中々常備していられないもの。台風の場合は接近するまでに多少時間があるのでそういったモノを買って備えることが可能です。が、その買いそろえたものが必要でなくなったら返品しに来る客が後を絶えないという趣旨のツイートが激増しておりました。

必要なくなったので返品。

その後も使えるモノなので、家に置いておけばよいのではと思いますが、こちらが事実だとすると大量購入して他のお客様が買えなくなるという事態に気を配らない方というのは、その後も勝手なふるまいをするという事なのでしょうか。

使わなかったんだから返品という思考

こういった類のツイートがかなりの数見受けられました。こちらの方が仰るように大人げない大人たち、本当にいるのでしょうか...事実だとするとその思考は怖いという声も多数ありました。

twitterの反応

なんとそのような身勝手をしておきながら店員を罵倒する方までいるというツイートまでありました。

これからは台風前には返品不可とシールを貼る必要が出てくるのではという意見。個々人のモラルが問われますね。

こういった被害者に追い打ちをかけるような詐欺もありました。こちらはモラルというレベルではないですが...東日本大震災時、日本の民度は素晴らしいとされていた報道があったはずなのに...

画像掲載元:写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「台風対策のブルーシート使われなかった地域の客の返品が続出!?