Image:pixabay

職場がテレワークとなった影響で多くの品物が職場に置いてきぼりになっている方も多いのかもしれません。お気に入りの文房具やアクセサリー、そしてPC周辺機器等ありとあらゆるものが、今は会社にあるという方。ちょっと思い出してみてください、その中に食べ物はないでしょうか。特に生物は要注意です。

9週間前に置いてきてしまったバナナ

Image:pixabay

ということで今回話題となっておりますのは、9週間前にパンデミックとなった地域で、会社に置き忘れてきてしまったものを思い出したという、とある女性の方です。

その衝撃的なモノというのが、そう「バナナ」なのです。会社にフルーツを置いておくなんてことはよくありますが、通常その日に消化。事なきを得ます。

しかし9週間放置したバナナのビジュアルは殺人的です。見た目で明らかに闇属性のパワーを感じるそんなバナナです。ということでこちらが9週間放置したバナナです。

ちょっとよくわかりにくいですが、黒いなにかが見えます。ご安心あれ、全体像はこちらにも掲載されております。

もはやバナナではなく、何かの物体。

この画像にネットでは、136,000を超えるいいねを集めているということです。ちなみに気になる匂いに関してですが、我々はとんでもなく強烈な匂いを放つ状況を期待しておりました。

ところが、このバナナ、すでにバナナという状態の限界値を突破し、もはやバナナの匂いすらしないという見た目とは裏腹に、匂いでのダメージは0だったようです。

世界でもっとも恐ろしいバナナも話題となりましたが

そんな中、ある人がこの黒いバナナにアドバイスをしたそうです。

皮を剥いてパンに挟めばいい。

なるほど。それならば、食べられそうですね、ドライフルーツ的な味わいになるのかもしれません。

Source:MirrorUK

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「パンデミックで9週間後に発見されたバナナの姿が衝撃的過ぎると話題に