今週から次々と配送されます、政府からのマスク提供、通称「アベノマスク」。品質に問題があるなど様々な意見が飛び交う中、マスクが無料でもらえるのであれば嬉しいという声もあります。そんなマスクですが、製造会社が判明し話題をよんでおります。さらにその製造会社が色々と問題があるとのことです。

製造元は「株式会社ユースビオ」

日刊スポーツの報道によりますと、アベノマスクの製造会社の一つは「株式会社ユースビオ」であり、福島県にあるということです。

ネットではさっそくその株式会社ユースビオの特定が始まり、早くもGoogleMAPなどでその会社の様子がさらされております。

しかしながら色々と問題が囁かれております。

会社には公明党のポスターが貼ってあり、どうやら事務所のようです。ここで製造するというのは規模的にはなかなか難しいので、現実的にオフィスとして登記されていた模様。

しかしながらそもそも登記もされてないのではないかという声もあります。

現時点でははっきりしたことは明らかになってはいませんが、カビが生えていたという報告もあるため、できればしっかりとした企業に作っていただきたいというのが国民の願いであります。

騙されたと思ってやってほしいマスクのライフハックも話題ですが

今後、マスクの問題が解消されることを一刻も早く、願いたいものです。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「アベノマスク製造会社、株式会社ユースビオにとんでもない噂が拡散